#SEOめも

仕事を通じて学んだSEO、マーケティング、セールスライティングなどについて頭の整理にまとめています。

【まとめ】コンテンツマーケティング(SEO)における検索ニーズに寄り添うための方法

 「より質の高い記事がGoogleから評価されるようになっている」

とはよく言われることですが、それでは「質の高さとは何なのか」が分からなければ良い記事はかけませんよね。

私自身、これまでの仕事の中で、絶えず「質の高い記事とはなんぞや?」と考え続けて来ました。

 これまで仕事を通して学んで来たことから、SEO的な「質の高い記事」について、結論を言うと、

「どれだけ検索ニーズに寄り添っているか」

ということが最大の本質のようです。

この記事では、これまでに学んできたSEOにおける検索ニーズについて、頭を整理するためにまとめました。

 1章:SEOに強い記事=検索ニーズを最大限満たす記事

そもそも、「質の高い記事」とは「何に対して」の質の高さなのでしょうか?

それはもちろん、読者に対してです。

つまり、読者が求めている情報が、どれだけ的確に記事に盛り込まれているか、が大事なのであり、それが記事の(SEO的な意味での)質の高さ、ということができそうです。

普通の雑誌の記事なら、読者は大体の購買層として想定するしかありませんが、Web上の記事の場合は、Google検索があります。そのため、読者の求めている情報は、「検索キーワード」から想定することができます。

この、検索キーワードから想定できる読者のニーズが「検索ニーズ」です。

つまり、

検索ニーズに寄り添った記事=読者の求める情報が的確に盛り込まれている記事=SEOに強い記事

ということですね。

2章:検索ニーズに寄り添うための3つの方法

検索キーワードから分かる読者の求めていること=検索ニーズですが、検索ニーズは1つのキーワードの中に、複数あることが多いです。

そのため、それらの検索ニーズを、まずはモレなくすくい上げることが大事です。

検索ニーズを正確に把握するための方法には、以下の3つがあります。

  1. 関連キーワードやサジェストキーワードから調べる
  2. 競合サイトから調べる
  3. 頭の中で想像する

2−1:サジェストキーワードから調べる 

サジェストキーワードとは、GoogleYahoo!の検索窓にキーワードを入力したときに、下に表示されるキーワードのことです。

 

(例)

f:id:f-san:20180810190728p:plain

 

その記事で対策をするキーワードのサジェストキーワードを調べることで、そのキーワードと合わせてどのようなキーワードが検索されているのか分かり、読者のニーズが推測できます。

上記の例の場合は、「SEO対策」と合わせて、「会社」「方法」「費用」といったことが検索されているため、具体的な方法から外注する場合のことまで、広いニーズがあることが分かります。 

 

2−2:競合サイトから調べる

次に、競合ページのリサーチを行う方法です。

 

 競合ページを見ることで、「そのキーワードでは、どのようなページがGoogleから評価されているか」が分かります。1ページ目に表示されているページが100%ニーズに寄り添っているとは限りません。しかし、暫定的に一番評価されているのが、1ページ目の競合ページなのです。

私は、記事を作成する際に1ページ目に表示される全てのページに目を通し、どのような構成になっているかチェックして検索ニーズを推測しています。

2−3:頭の中で想像する

最後に、頭の中で想像する、という方法です。

これは一番アナログで不正確なようで、実は訓練することで精度が高まっていく方法ではないかと思います。

たとえば、「はてぶ メリット」というキーワードで記事を書こうと思った場合、サジェストや競合ページを見なくても、その検索ニーズは何となく想像で分かるはずです。

この場合は、

  1. blogをはじめたい(もしくは他のblogサービスを使っていて、移行を検討している)が、はてぶってどんなメリットがあるんだろう
  2. 具体的な機能や使い心地、口コミ、リアルな情報まで知りたい
  3. 一番自分に合った使いやすいblogサービスでblogを始めたい

などの検索ニーズが想像できます。

この場合、①のニーズが一番のメインのニーズで、②、③のニーズはその先にあるものです。つまり①のニーズが満たされたときに、読者が改めて持つであろうニーズを、先に想定しているのです。

このように、ニーズにはメインのものとメインが満たされた後に出てくるであろうニーズがあり、後者ニーズはある程度想像で補うしかないのです。

ただし、この未来のニーズは、メインの検索ニーズをしっかり把握できていないと、単なる想像に過ぎないものになり、「ズレ」が生じます。そうなると、読者からすると「どうでも良い情報が多い記事」になり、Googleからも評価されません。

このニーズのズレについては、以下の記事で解説しました。

www.100-years-life.com

簡単に言うと、ある程度リサーチした上で、あとは想像で検索ニーズを考え、それを満たすためにはどのような情報が必要なのか、よく考えることが、SEOに強い記事を作成する第一歩、ということだと思います。

3章:検索ニーズに沿った構成を作る

検索ニーズを考えたら、次に検索ニーズに寄り添った「構成」を作る必要があります。

ニーズを満たす記事の構成は、

「読者の頭の中にあるニーズ(解決したい悩み、疑問)を順番に満たす」

ということを考えて作る、というのが基本だと思います。

ニーズには順番がある

2章でお伝えしたように、1つの検索キーワードの中にも、複数の検索ニーズがあることがあります。そのため、その複数のニーズに「順番に」答えることが大事です。

「順番ってどうやったら分かるんだろう?」

と思うかも知れませんが、これもしっかり読者に寄り添って考えれば分かります。

たとえば、「はてぶ メリット」という記事なら、はてぶについての知識はあまり持っていない読者である可能性があるので、

  • はてぶの機能にはどのような特徴があるのか(他のblogとの比較)
  • そもそもblogには、どのような機能があることが望ましいのか

といった、そもそもの情報を与える必要があります。

この情報を与えることで、読者の頭の中に「メリットを判断する基準」を作ります。その上で、

  • blogサービスとしてのはてぶのメリット

について、端的に説明していくのです。

このような流れが必要なのは、ある程度頭を使えば分かりますよね。そして、メリットを説明するとメインニーズが満たされるため、次にその先で満たすべきニーズを満たすことで、読者にさらなる満足を与えることができるのです。

この例の構成をまとめると、大まかには、

1章:そもそもblogにはどんな機能が必要なのか

2章:はてぶと他のblogサービスの機能比較&メリット・デメリット→メインなので手厚く書く

3章:はてぶが向いている人とは

4章:他のおすすめblogサービス

というような順番にニーズを満たすことができます。

※ただし、この例は一切リサーチせずに書いているため、実際に書く場合はニーズズレがある可能性があります。

あくまで一例ですが、検索ニーズに寄り添った記事、というのが何となく理解できたでしょうか?

今回紹介したプロセスは、繰り返せば繰り返すほど早く正確にできるようになりますので、トレーニングだと思って、まずは記事をたくさん書いてみると良いと思います。